わいさんの写真館

野鳥や花の写真を楽しんでいます

 そろそろイヌワシのシーズンを迎えます。
この遠征は、車中泊をしながらの遠征ですので、カメラのバッテリーや車載冷蔵庫を車の停車中にも使えるようにサブバッテリーが欲しくなりました。
市販のものは価格も高くかさばるので、自作することにしました。
 まず、バッテリーはバイク用の小型バッテリーを使います。
問題はバッテリーの充電ですが、これには走行中に充電する方法とソーラーパネルによるものの二通りがあります。走行中ぬ充電するには、「アイソレーター」が必要ですが、機能は電流が逆流しないことと過電流が流れないようにすることです。最低な必要部品はダイオードとコンデンサーです。
バッテリーを充電する時に、シガーソケットから電源を取る場合、12Vしか取れないので13.4V位がいるので増幅装置(DC-DCコンバーター)が必要です。
商品として「アイソレーター 走行充電器」なるものが販売されていますが、必要部品の価格を考えるととても高価なものですので、ネットで検索したところ、適当なDC-DCコンバーターが1000円前後で販売されているのでそれを使うことにいたしまた。EOS M3_1657

左から「バッテリーチェッカー」サブバッテリーの残像容量を見るのに使います。隣がスイッチ、バッテリーチェッカーも僅かですが電力を消耗します。プラグと、シガーソケットです。

91E4TGjq0qL__SX522_.jpg

これが「DC-DCコンバータ」これは”アイソレータ走行充電器”と同等の機能です。

17241.jpg

カバーをつけてみました。

EOS M3_1658

バイク用12Vバッテリー

バッテリーからケーブルを取り、使うときには2連のシガーソケットを使い、充電する時には「DC-DCコンバータ」につなぎ変えるためカプラーを使って切り替えます。

EOS M3_1660

バッテリーにバッテリーチェッカーと2連のシガーソケットを接続したところです。

EOS M3_1662

こちらは100Vのインバータを接続したところで、この100V でカメラの充電器を使います。

EOS M3_1660


EOS M3_1664

このアルミケースに収めます。

EOS M3_1666

こちらは、いろいろ調べているときに見つけたソーラーパネル。日中バッテリーの充電に使います。
これで、今年の車中泊は快適です!  のはずですが、結果は後程報告いたします(''◇'')ゞ

スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 22:51:00|
  2. 機材・道具箱
  3. | コメント:4

プロフィール

わいさん

Author:わいさん
お休みの日に、あちこちの山に出かけて写真撮影を楽しんでいます。
更新は不定期になりますが、よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

野鳥 (60)
その他 (1)
機材・道具箱 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR